禁煙は習慣化してしまえば、辛いものではありません。でもその習慣までが大変なのも事実。ではその習慣化するための方法をみていきましょう。

たくさんの白いタバコ

禁煙をクセにする手段

タバコと灰皿

禁煙を行っている人のほとんどは、それに失敗してしまいします。
その理由として、喫煙がクセになっており、禁煙をする度にストレスが溜まることが原因です。

そのため、禁煙を成功する方法は、喫煙のクセをなくし、禁煙をクセにする事が有効です。
その方法を知ることで、禁煙生活がより確実な物となっていくでしょう。

まず、喫煙よりも楽しいと感じる物を作ることから始めましょう。
そして、それを生活習慣に取り入れていく事が重要です。
食後や寝る前は、多くの方が喫煙をします。
そのクセをなくそうと考えた場合、代わりの物に置き換えていく事が必要になるでしょう。

可能であれば、喫煙と置き換える物は奥の深い物が良いでしょう。
例えば、コーヒー等であれば、豆の種類や挽き方、ドリップの方法などによって味が変わってきます。
そういった楽しみを、喫煙のタイミングだけ行う習慣を作るのです。
最初の内は喫煙の方が重要だと考えてしまうでしょう。
しかし、慣れていく内に、喫煙ではなくコーヒーが飲みたい、という様に変わっていきます。
さらにそれを続ける事で、結果的に禁煙がクセになっていきます。

また、ニコレットなどの禁煙用グッズの使用と並行して行うと良いでしょう。
喫煙のクセは、ニコチンの依存性が高い事によって発生します。
ニコチンを急激に減らしてしまうと、禁断症状が発生してしまい、禁煙に失敗するだけでなく、その後のタバコの使用量が増えてしまう可能性まで上がってしまいます。
ニコチンの摂取量は少しずつ減らしていく事が重要です。
それでも禁断症状は発生し、タバコが吸いたいと思ってしまいます。
そのための対策として、喫煙よりも楽しく集中出来る物を作る必要があるのです。